マニュアルの映像制作の流れについて

###Site Name###

マニュアルと言うのは、手引書と言うもので、機械の操作の手引書もありますし、電気機器や自動車など様々な製品にマニュアルが有ります。

マニュアルは初めてその製品を利用する際に利用する他、何か他の方法が無いかと探すときにも利用するため、製品を管理している以上は、保管を要する説明書でもあるのです。

LINEのNEWSの情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

最近のマニュアルと言うのは、紙ベースではなくインターネットの中などにあり、それをダウンロードして利用する形が多くなっています。



そのため、製品によっては簡易的なものが添付されており、必要に応じてインターネットからダウンロードをして利用する事が可能になります。

また、最近のマニュアルの中には映像による手引書もあります。
映像による手引き書と言うのは、文章を読むのとは異なり、わかり易いというメリットが有ります。


但し、映像に仕上げるためには、文章を書くことよりも時間が必要になりますが、読み手となる人が見易い物を作る事が大切です。

そこで我が社の製品の手引書を映像制作で行う事にしたのです。

映像制作は、製作会社に一任して行う事にしましたが、実際のオペーレーションや操作方法、そして映像のシナリオなどについては我が社の担当者が行ないました。

iPhone7の在庫が最近話題になっています。

そのため、映像の撮影は会社の中で行い、映像の編集については制作会社の中で行い映像制作が進められて行ったのです。

尚、この映像データは、DVDに収録をして配布を行うのですが、配布の量が多いことからも、コピーではなくDVDプレスによる方法で制作をしたのです。